ご存知ですか?

過払金は取り返せます。

借入期間が長いあなた

過払金の額を調べてみませんか?

過払金額をチェックして、
払い過ぎたお金を今すぐ取り戻しましょう!

過払い発生の目安

1. 高金利で長期間借り入れと返済を繰り返してきた人

過払い金は、長期間、超過利息を支払い続けた結果、法律上借り入れ元金が完済となり、それでもなお超過利息を支払っていた場合に多く発生します。概ね、5年~10年以上借り入れをしていた人に発生することが多いですが、10年以上借り入れしている人でも必ず発生するとは限りません。


2. 高金利で借り入れをして完済をした人

利息制限法所定の制限を超える高金利でで借り入れをして完済をした場合は必ず過払い金が発生します。過払い金は,取引期間が長ければ長いほど多く発生することになります。


3. 過払い利息

過払い金が発生した場合、過払い金のみを請求するだけでなく、原則として、過払い利息を請求することができます(最高裁判所平成19年7月13日判決(平成17年(受)第1970号不当利得返還請求事件))。この過払い利息の利率は過払い金が発生した翌日から年5%となります(最高裁判所平成19年2月13日判決(平成18年(受)第1187号不当利得返還等請求本訴、貸金返還請求反訴事件))。 過払い金が発生した後に、借り入れをした場合には、まず、過払い利息に対して充当され、その後、過払い金元本に充当されるので、過払い利息を付加して計算した方が、過払い金元本の減少を抑制することができるため、格段に多くの過払い金を回収できます。 過払い利息を付加した上での過払い金返還請求に対しては、抵抗する貸金業者も多く、このような貸金業者に対しては、過払い金返還請求訴訟を行うことが効果的です。


4. 請求権の時効

過払い金返還請求権は、過払い金発生の日から10年で消滅時効にかかってしまいます(最高裁判所昭和55年1月24日判決(昭和53年(オ)第1129号不当利得金返還請求事件))。したがって、過払い金返還請求は、約定金利での借金の支払いを終了(完済)した日から10年以内にしなければなりません。 したがって、過払い金返還請求を躊躇していると、過払い金返還請求権が消滅時効にかかってしまうおそれがあります。